読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

売専days

ノンケが売専で働いていた時の心の葛藤や珍事件を更新しています。

ノンケからゲイになってしまうboyさん

f:id:uriuri001:20161013144830j:plain

長い間ウリセンで働いていると色々なboyさんに会います。

その中でも”ノンケからゲイになってしまったboyさん”のお話をしたいと思います。

 

新人で入ってきたK君

ちょうど一年位働いていた時に入店してきたboyさんで、名前はK君というboyさんでした。

タイプが僕とかぶるので同じお客さんに付いたとかって話をしてました。

 

タイプ(系統)ですが、二丁目の中には色々なタイプのboyさんがいます。

ガチムチ系・・・スポーツを本気でやっていて体がしっかりできていて体が大きなboyさん

筋金系・・・体が締まっていて、程よくシックスパックがあるスリム系のboyさ

ホスト系・・・今時なホストっぽい感じの子で、ギャル男風な感じ

ジャニ系・・・ジャニーズ系の綺麗な顔をしているboyさん

ざっくりboyさんのタイプ分けするとこんな感じです。

 

k君を指名した後日に自分を指名するお客さんもいるのですが、その時に比較されたりする事があって、聞いてもいないK君の話をしてくるお客さんもいました。

よく比較されてた子で長くお店にいたので、覚えていたのですが、自分がお店を辞めて4年後位にまた自分が二丁目に戻った時にそのお店にはK君の姿はありませんでした。

そこまで仲が良かったわけではないので、気にもしていませんでした。

 

久しぶりの再会

二丁目に再び戻ってきて、3か月位経った頃によく来てくれるお客さんが出来るようになり、指名された時に外に飲みに行こうとなり、飲みに行きました。

普段は二丁目内のゲイバーで飲むことが多いのですが、その日は「オカマバ―に行こう!!」となりオカマバーへ行きました。

 

オカマバーとはドラッグクイーン(女装した男性)がショーや接客してくれるお店です。(ニューハーフの方もいます。)

 

お店に着いて、お客さんと話しながらお酒を飲んでいると目の前で接客してくれている人を見たら「あれ?どこかで見たような顔だなー。」と思いました。

話してて声を聞いていると確信に変わりました。

僕「もしかして○○ってお店で働いてました?」

接客してくれてる人「働いてましたよ。」

僕「名前ってK君って名前ですか?」

接客してくれてる人「そうです。○○さんですよね?」

という具合に再会しました。

 

話していくと、当時入店したときはノンケだったみたいで、働いていくうちに男の人を好きになっていったそうです。

 

お店によってはノンケ専門店というイメージのお店もあるためゲイってことを隠しながら働く子もいるみたいです。

別なゲイバーに行ったときにも昔一緒に働いていた男っぽいイケメンのboyさんがいたのですが、その子もゲイだったというのを聞いてびっくりしました。

見かけや行動では判断がつきにくい人もいるってことですね。